品格を意識したスーツ選びが40代は必要

40代以上になったらスーツも立場にふさわしい品格を意識することが大事です。
簡素すぎるジャケットではリーダーには見えません。
アンコン仕立ては着るには楽ですが、あまりイージーな仕立てのジャケットやカーディガン的なニットジャケットではリーダーの威厳は感じられません。
これからは休日の遊び着ととらえて、自身のポジションに相応しいどっしりとした本格生地のスリーピーススーツなどを選択することが大事です。
また、短めの丈で体型をスマートに見せたい気持ちもわかりますが、丈が短すぎるものは貫禄を表現するには不向きです。
シーンによってはむしろ軽薄なイメージを与えかねないので注意します。
そして、適度なテーパードは美しいスーツの着こなしに必要とはいえ、裾幅17cm近いタイトすぎるものはビジネスシーンでは攻めすぎです。
着席時に裾がふくらはぎに引っ掛かりめくれてだらしなく見えることもあるので気を付けなくてはなりません。
この世代は揺るがぬリーダーとして自分の装い全体で表現することで相手からの信頼につながります。

Copyright© スーツ All Rights Reserved.

品格を意識したスーツ選びが40代は必要